どういう意味?

「ことば」の解釈斜め読み

「これ何? したたかさ」

  「何これ? 」:生き物
 
 「命あるものどもは、昆虫にいたるまで、
  みな身を惜しんでいる。
  どうして己の身のために、衣服、飲食を
  得るために、生き物をころすのか。」
        (『大智度論』)
 
  人も皆、命を惜しいと思っているのに……
  何故、人間同士においてさえ、無慈悲な事を………
 
閑話休題:「あったらしい資本主義」
     「新しい資本主義」の実行計画(案)
 
 計画案は投資や成長を重視。
 分配色は、何処へ消えたのか?
 
 岸田首相は、「一言で言うならば資本主義のバージョンアップ」と
言っている。(於:5月26日の衆院予算委員会
 何処が新しいのか?
 
 安倍心臓政権から続く成長重視路線の継続。
「岸田」から「軋駄」に代わった瞬間………
 
 政府が今回策定した「新しい資本主義」の実行計画(案)は、
  ①人への投資
  ②科学技術・イノベーションへの投資
  ③スタートアップへの投資
  ④グリーン・デジタルへの投資
 
 これは、「分配ではなく成長重視の方針」。
 分配の原資を生み出す成長戦略に目配りし、
家計の貯蓄を投資へ促す改革に重点を置くとしている。
 
 家計の貯蓄を投資へなどと言っているが、
そもそも多くの庶民には、投資に回す余裕など無い
 何処にピントを合わせているのでしょうか?
 
 今回の「軋駄」首相の言う政策は、
「新しい資本主義」では無く、当初は
分配政策が「あったらしい資本主義」です。
 
 御粗末そのもの………
(この”あったらしい”と言う命名もまた……)
 
 それはそうと、本当に首相は「NATO会議」へ行くの?
私は行く必要性については懐疑的なのですが………
 
 大きな責任分担だけを負わされそうな気配がします………
(ここは”検討”のしどころかと…………)
 
 「軋駄」首相は、国会答弁などでも、何事につけ
”検討します”を連発しています。
 
 これをもじって、ある方に「軋駄」首相は
遣唐使」ではなく「検討氏」だなどと揶揄されています。
 
 日本の外交は「したたかさ」が足りないので心配………
変な「お土産」を持たされなければいいのですが………
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(その昔、節電要請も”あったらしい”?……なんじゃそれ……)
 
 * 竹植うる我より生きよ真直ぐと
         2022.06.06/moai291