どういう意味?

「ことば」の解釈斜め読み

「これ何? クアッド(Quad)」

 「何これ? 」:自我
 
 「仏教者は、仏法に実践の他には、
  見解、伝承の学問、戒律、道徳、思想のうちの
  どれによっても清らかになる。悟るとは説かない。
  彼は自我を捨て、禍福の因をつくらない。」 (仏陀
 
  様々な意見、学問、戒律等は、人間の自我が作り上げた
  もので、絶対ではない。
 
閑話休題:クアッド(Quad)
 
 「クアッド」(Quad)とは、
「Quadrilateral Security Dialogue(4カ国安全保障対話)」の略。
 
 2004年のスマトラ島沖大地震津波が発生したことを受け、
協力して人道・災害支援を行ったことがきっかけで始まった。
 
 それがいつの間にか、中華人民共和国(中国)の侵略と強制を
阻止することを目的とする内容に様変わりした。
 
 構成国は、インド太平洋地域の民主主義国である
オーストラリア、インド、日本、米国の4か国。
 
・「中国が海洋進出の動きを強めていることを念頭に~」、
・「覇権主義的な動きを強める中国などを念頭に~」
・「中華人民共和国(中国)の侵略と強制を阻止することを目的として~」
 
 これらの枕詞は、誰が書いているのでしょうか?
宣言文等の中にこのような事が明記されているのでしょうか?
報道関係者(記者)が、勝手に付け加えたものなのでしょうか?
 
 中国外務省の報道官は「クアッド」について、
「クアッドは時代遅れの冷戦思考に満ちており、
軍事的な対抗の色彩が強く、時代の流れに逆行し、
人々の支持を得られない」と言っています。
 
 珍しくまともな発言とも思われます。
しかし問題は、中国がこの言葉とは裏腹な事を
実行し続けて来ている事が問題なのでしょう………
 
 そして中国から見れば、この連携が「軍事的なもの」としか
映っていないことも問題点でしょう。
 
 本当に真面目に「自由で開かれたインド太平洋」の実現を
目指すのなら、中国も含めた体制で議論をすべきでしょう。
 
 どの様な場合でも「外交チャンネル」を完全に
閉ざすべきではない………
 民主主義国家なら、それ位の事は分かる筈なのですが………
 
※思いは人それぞれです。 これは当然ながら「個人的見解」と言う事で………
 記載内容に、誤解があったなら、お詫びいたします?(念のため…)
 
 ●ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(隣と徒党を組んで節電…?……なんじゃそれ……)
 
 * 残る羽音に浜木綿の花ゆれる
        2022.05.27/moai291

「これ何? ビジネスモデル」

 「何これ? 」:輪廻
 
 「自直の箭を恃まば、百世箭なし。」
            (韓非子
 
  真直ぐな「矢竹」を何時までも待っていても
  巡り会う事など無い。
  子孫においても、然り。
 
閑話休題:ビジネスモデル
  「保有効果(授かり効果)を考慮に入れたビジネスモデル」
 
保有効果」とは、一旦自分が手に入れたものに愛着を感じ、
手放すのが惜しくなるという心理的傾向。
 
『このビジネスモデルの応用例』
 ①「無料」でお試し
  無料体験したサービスは、無料期間後もそのまま購入したくなる。
  (というより、手放したくなくなる。)
  無料で入り口のハードルを下げ顧客に関心を持ってもらえば、
  その後、多くの顧客がそのままサービスの契約し続ける
  ケースが多い様です。
  すでに愛着が湧いた無料サービスに、多くのの価値を
  見出してしまっているので、手放したくなくなる様です。
 
 ②「安価なサービス」と思わせる
   一旦、安くサービスを提供して、後から値上げをする。
  つかみとして、とにかく利用してもらい、その後利用金額を
  上げても、顧客離れは少ない。
  一度使い始めたサービスは値上がりしても多くは退会しない。
 
 ③「返金保証」を付ける
  返金保証とは、その商品を気に入らなかった場合は、
  商品を使ったあとでも返品可能にするアフターサービス。
  顧客に安心感を与えるために返金保証をつけても、
  意外と事業収支へのマイナス影響はでない。
  (返品してくる確率は少ない。)
 
 ④「抽選販売」
  抽選販売は、結果が出るまでは擬似的に所有している感覚を
  消費者に与え続けるので、その後の販売にも繫がる。
 
 ⑤「オークション」形式
  オークションで入札して待っているいる間は
  擬似的に保有している状態になる。
  失いたくない気持ちから、他の入札に対し、通常では
  出さない様な高値で入札してしまう事がある。
 
  トップで入札している人は、擬似的にその商品を所有している
  感覚が出ている。
  (買ったつもりで、買ったあとの自分を想像してしまう。)
 
 以前に「髭剃りのホルダーを無料で配布」し、それに使用する
「専用の剃刀」を販売するビジネスモデルで業績を伸ばした会社も
ありました。(シック・インジェクター剃刀)
 
 この様に企業は、様々な策を弄して顧客の囲い込みを
図っているようです。
 
 これらのビジネスモデルに「乗る」もよし、「避ける」も
も良しでしょう………
 自身の価値観を大切にさえすれば……………
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(節電無料お試し期間はないの…?なんじゃそれ………)
 
 * 廃原発砂地に根付く浜昼顔
        2022.05.26/moai291

「これ何? 役場からの授かり金?」

 「何これ? 」:一切
 
 「一性円かに一切の性に通じ、
  一法あまねく一切の法を含む。」  (『証道歌』)
 
  万物は、みな依存していると教える。
 
閑話休題保有効果(授かり効果)
 
 保有効果(Endowment effect)とは、行動経済学の用語で
現在所有している物の価値について、それを所有していなかった
時よりも価値を高く感じる現象。「授かり効果」とも言う。
 
 この保有効果(授かり効果)とは、
一度手に入れたものに愛着が湧いて、手に入れた後は、
手に入れる前の2倍ほどの価値に感じるそうです。
 その結果、一度手に入れたものを手放し難くなります。
 
 人間には、何かを得る喜びより、何かを失う悲しみの方が
2倍ほど大きく感じるそうです。
 
 一度手に入ったものを手放すことは苦痛を感じる、
一旦自分が手に入れたものには愛着を感じ、手放すのが惜しくなる
という心理的状態になると考えられています。
 
 保有効果(授かり効果)は、人に罪を犯させるような
強い感情や衝動をもたらすこともある様です。
 
 今回の役所からの「誤送金問題」も正にコレでしょう。
 
 降った湧いたような幸運と思われる出来事だったので
冷静な対応が出来なかったのでしょう。
 
 それにしても、そもそも”「役所」が間違わなければ
こんな事態にはなかったのに”と怨みごとの一つも言いたく
なる気持ちも分からなくはないのですが………
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(節電?,無い袖は振れない…?なんじゃそれ………)
 
 * 短夜や夢を見ている暇も無し
         2022.05.25/moai291

「これ何? 信用金庫」

 「何これ? 」:財
 
 「蔵の財より身の財すぐれたり。
  身の財より心の財第一なり。
  心の財をつませ給うべし。」 (日蓮
 
  心の財とは、信念か………
 
閑話休題:信用金庫と地方銀行
 
 信用金庫は顧客と自組織の利益を両立させ、
シェアを拡大しているらしい。
 
 顧客の事業の成功のため、数値だけでなく経営者の
人柄まで考慮に入れて融資する。
 
 売れる商品でも投機的なものは扱わない。
 
 信用金庫のそうした真摯な姿勢は、地元企業からの
信頼を勝ち取り、さらなる取引につながっているようです。
 
 一見非効率そうでも、結果的には利益を生む循環には
納得できるところが多い。
 
地方銀行と信用金庫」
(1)銀行(地方)の将来が不安視されている。
  手数料収入や収益の源泉である利ざやが減少し、事業基盤が
  揺らいでいる。
  特に地方銀行少子高齢化のあおりを受けて厳しい。
  地銀は、低金利や手数料収入の減少といった環境のもと、
  根本のビジネスモデルが崩壊して来ている。
 
(2)信用金庫は顧客本位の業務運営が評価され、シェアを拡大している。
  信金間の連携も進み、地域を越えた顧客支援も活発。
 
(3)信用金庫は利他的な経営を貫いた結果、顧客の信頼を得て
  顧客の利益を自身の利益にもつなげている。
 
「なぜ信用金庫は堅調なのか」
 信用金庫は金融機関ではあるが、銀行とは組織形態が異なる。
 信用金庫は地域の会員や住民から資金を集めて地域の利益のために
 働く協同組織である。
 
 預金は誰でもできるが、会員資格がないとお金を借りることはできない。
 会員になるには営業エリアに住んでいるか、働いていることが条件となる。
 信用金庫が大手行や地銀をさしおいて取引先を獲得出来るのは、
 地域に密着したネットワークとアフターケア等の支援の手厚さが
 評価されているためと考えられる。
 
 単純な利益追求を良しとしない金融機関としての根本姿勢がそこにある。
 
 その昔、同級生が地元の信用金庫に就職したので、
ご祝儀?に信用金庫に口座をつくった事を思い出す。
 
 現在でも普通預金や定期預金がある。
1000万円までの預貯金なら、金融機関が潰れても
利子を含めて保護されるので安心感はある。
 
 地方銀行は、大口顧客は都市銀行に囲い込まれ、
小さな企業は信用金庫・信用組合等にとられ、
苦しい現状にある。
 
 地方銀行の生き残りは、困難な現状がある。
金利の利ザヤで稼ぐモデルは、もはや消滅している。
 
 地方色を、銀行として如何に出していくかが
鍵になるのでしょうが、具体策が見つからない。
具体策は「脚下照顧」、足下あたりにありそうなのですが…………
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(懐かしのポットンWCでおつりが~…?なんじゃそれ……)
 
 * 糸蜻蛉むかし馴染みと無駄話
         2022.05.24/moai291

「これ何? 誤送金」

 「何これ? 」:近きにありて
 
 「極楽は眉毛のまえの吊るしもの
  あまりの近きに見えざりし。」 (道元
 
   極楽は目の前にある。
   ただそれが見えないだけ……
 
閑話休題:「誤送金」
     自治体からの誤送金は、かなりある様です。
 
 自治体による新型コロナの給付金等の誤送金は、
東京や大阪などの複数個所で確認されています。
 
 そしてこれらは氷山の一角に過ぎないらしい。
今回は金額が大きいからこの様な大きな報道になって
しまったのでしょうか?
 
 多くの自治体で誤送金がある様ですが、そもそも誤送金を防止する
対策等は、一体どうなっているのでしょうか?
 
「(自治体側は)返さないんだったら“差し押さえでも何でもするぞ”
みたいなヤナ感じだったとコメントする方々も多い………
 
 ”それはちょっといくら何でも横暴過ぎない”って
言いたくもなるでしょう。
 自分の間違いを棚に上げて、よくも言えたものですね。
 
 想像ですが、今回の件も相手方に対する最初の対応の仕方にも
問題があったのかも知れません。
(返すのが当たり前との上から目線……確かにそうなのですが……)
 
 山口県阿武町の誤送金が判明したのが先月4月8日、
その日に役場の職員がT容疑者の宅を訪れ、返還手続き等の
説明をしたが、途中で拒否。
 
 その日に最初の引き出しがはじまり、4日後には、300万円と
400万円を出金。
 職員たちがT容疑者への接触を続ける中、最終的には11日間で
残高は6万8743円にまで使い切った状態になってしまった様です。
 
 「ネットカジノ」で課金してしまったと言っていますが、
この説明も何だか腑に落ちない。
 
 ネットカジノで課金したと言うなら、ケームで勝った場合の
戻し金(入金)は、何処へ消えたの?
(T容疑者の口座への入金の記録は無い。)
 
 T容疑者の口座にゲームで勝った金額が全く振り込まれて
いないのは不自然……全部負けてしまったのかい?
 
 「マネーロンダリング」の疑いもある様な状況です………
 
 弁護士を雇う費用は、何処から出ているの?
 (この方は、無給で支援する弁護士なの?)
 
 T容疑者は法律の知識がかなりある人間から不当利得返還の
抜け道のアドバイスをもらっている様に思われます。
 
 ギャンブルで失ったのなら返還義務は無いのでは………
 
「電子計算機使用詐欺罪」の疑いでの逮捕ですが、
「占有離脱物横領罪」の方が適切ではないのでしょうか?
 
 この弁護士も何だか怪しいぞ………
「顔出しナシ、所属事務所の名前も出さない」様な会見を
行うなんて、あり得ない………
 
 カジノのアカウントに、お金はプールされていないの?
一度もゲームで勝っていないの?、真相はまだ々闇の中………
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(ウンコは会社で済ますかぁ~…?なんじゃそれ………)
 
 * 迎え梅雨残り預金もあと僅か
         2022.05.23/moai291

「これ何? ヤドカリ駐車」

 「何これ? 」:教え
 
 「仏は何が苦で、何が苦の原因で、何が苦が
  起きなくなった状態で、何が苦を起きなく
  する方法なのかを知る無上の名医である。」
            (釈迦)
 
  四苦八苦の元凶は妄執であるが、諸仏はそれを正す
  方向性を明らかにする名医である。
 
閑話休題:私有地の無断駐車
 
 なぜ私有地の「無断駐車」は法的な対処が困難なのか?
「自力救済」は、逆に罰則対象になる可能性もある。
 
 自分の駐車場や私有地に見知らぬクルマが無断駐車して
いる場合、自力でそのクルマを動かす等の対処をする事は、
行き過ぎた「自力救済」となってしまう事もある様です。
 
 可能な対応方法とは?………
 
 自分の駐車枠に無断で駐車された場合でも、進路を塞ぐなど
勝手な対処はしてはいけないようです。
 
 このケースでは、道路交通法や刑法で明確に違反として
取り締まる法律は無いようです。
 民法における「不法行為」として対応するしかない様です。
 
 民法第709条には不法行為として、
「故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を
侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」と
定められています。
 
 他人の所有している土地を害している行為であると見なされ、
賠償する責任は生じる様です。
 
 しかし、民法における「不法行為」が認められたからと
いっても、クルマを今すぐに移動できる訳ではありません。
 また、裁判にいたるまでには、多くの時間も要します。
 
 道路交通法に違反しているという訳でもないため、
警察は対応が難しいのが、私有地の無断駐車です。
 
 いくら私有地であるからといって、その土地の所有者が
勝手に他人のクルマを移動しょうとする行為は、器物損壊罪や
窃盗罪に該当してしまう可能性も生じます。
 
「この迷惑な私有地での無断駐車、適切な対策方法は?」
 
 ①私有地に警告の張り紙を貼る
  但し、過度に脅すような警告文や、金銭を要求するような
  内容を記載した場合には、逆に「脅迫罪」に問われる
  可能性もあります。
 
 *刑法222条(脅迫罪)
  「生命、身体、自由、名誉または財産に対し害を加える旨を
   告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役、または
   30万円以下の罰金に処する」
 
 ②自分の土地の駐車スペースに、常日頃から
  物理的には入れないようにしておく。
  (門扉などの設置…これが一番でしょう……)
 
 ③自身の土地に違法駐車している第三者
  自動車の前にブロック等を置くなどして
  当該車が出られないように措置する。
  この車の所有者がブロックを勝手に動かせば
  逆に「器物損壊」で訴えることも出来そうです。
 
  ブロックには、「このブロックは動かさないでださい」
  との注意書きも付しておく。
 
 個人での対処方法として考えられる事は、
自分の家の駐車スペースに他車が物理的には
入れないように対処するしか方法は無いのでしょうか?
 何か変……
 
 他人の敷地に勝手に駐車してしまう「ヤドカリ駐車」。
この「ヤドカリ」の有効な撃退方法は、無いものでしょうか?
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(人のものを借りるヤドカリ発電?………)
 
 * 引き潮の浜の寄居虫後ろ向き
         2022.05.22/moai291

「これ何? 核シェルター普及率」

 「何これ? 」:生死
 
 「生きていることは死ぬことを内包している。
  我々は毎日生きてまた死んでいる。
  たまたまその生きるはたらきが途絶すると
  完全に死んでいる。」   (中村元
 
  人は死に直面した時に、死を意識する。
  命の大切さにはじめて気づく。
 
閑話休題:「核シェルター普及率」
 
 石歯髭留元防衛相(仮名)は、
日本で核シェルターの普及が進んでいないことについて
「異様なこと」と述べ、早期の整備を訴えたそうな。
         (於:5月1日、TV報道番組)
 
 世界各国では、核ミサイルの脅威への備えの重要性を認識し、
いざという時の避難場所として、核シェルターの整備を
政府主導で進めている国も多い。
 
「人口あたりの核シェルター普及率」
  ①スイス、イスラエルの人口あたりの核シェルター普及率は100%
  ②ノルウェーは98%
  ③アメリカは82%
  ④ロシアは78%
  ⑤イギリス67%
  ⑥シンガポール54%
  *日本は0.02%
 
 ロシアのウクライナ侵攻以降、日本でも「核シェルター」の
注文が急増しているそうです。
 
 「核シェルター」を取り扱う「ワールドネットインターナショナル」
と言う会社によれば、ウクライナ侵攻後1か月で、問い合わせが150件、
注文が10件あったということです。
 
 年間の注文が12~13件だった2021年と比べると、実に10倍の
受注があったそうです。
 この「核シェルター」は、放射性物質生物兵器化学兵器から
守られ、耐震、そして爆風などにも対応しているとのことです。
 
 そのまた昔のその昔、私が旧ソ連(ロシア)へ行ったとき、
モスクワの地下鉄は異常に深いので疑問に思ったことを思い出す。
 
 これは、核攻撃に対する「核シェルター」であると
言う事を理解するとともに、納得もしたものでした。
 
 さて、「核シェルター」の必要性は?、その有用性は?
 (核シェルター内で、何時まで生き延びられるのだろうか?)
 
 ①何時までも地下(核シェルター内)にいる訳にはいかないし………
 ②外に出れば放射能汚染があるし………
 ③自分だけ生き残っても………
 ④核シェルター内の食糧も燃料等もすぐ底をつくし………
 ⑤廃棄物は、溜まる一方だし………
 ⑥長期間の地下滞在は、気が狂いそうだし…etc………
 
 地下シェルターは、焼夷弾クラスター爆弾等を
一時的に逃れるためには有効な手段であるとは思われますが、
投下地域に長期間放射能汚染を引き起こす「核爆弾」には
有効な対策とは言えません。
 
 但し、核攻撃の抑止にはなるかも知れない………
(あの国は地下シェルターが完備しているので
 爆弾を投下しても、当初の攻撃力を十分に発揮しずらいと
 判断し、核爆弾の投下を躊躇することも考えられる。)
 
 福島の原発事故の後、今でも住めない地域がある。
核の汚染は、かくも長期的なものなのです。
 
 一時的に「核シェルター」に避難したとしても、
外部は放射能に汚染されているので、脱出するとしても、
その手立てがない。
「核シェルター」に長期滞在することも不可能。
 (食糧、水等はすぐ底をつく。)
 
 少しくらいの放射能汚染には目をつぶって、
機を見て、何処かへ脱出すると言う作戦なのでしょうか?
 一体何処へ逃げるつもりなの?…………
(もはや庶民が逃げ切る場所など、何処にも無い状況に………)
 
※思いは人それぞれです。 これは当然ながら「個人的見解」と言う事で………
 記載内容に、誤解があったなら、お詫びいたします?(念のため…)
 
 ●ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(3/15:ブログ
  我が家の節電等:(地下シェルターの電源は原発からなの…?………)
 
 * 薄暗き谷間に生うる破れ傘
        2022.05.21/moai291