どういう意味?

「ことば」の解釈斜め読み

「これ何? 原発方針変更」

 「何これ? 」:悟り
 
 「仏法というものは努力していくものではない。
  われわれ凡夫の努力をやめた処に仏法がある。」
          (澤木興道
 
  「悟り」ほど手ごわいものはない。
   今だに理解しきれていない。
 
閑話休題原発方針変更
 
 2022年8月24日、GX(グリーントランスフォーメーション)実行会議での
 「軋駄踏尾」首相の発言。
 
 今までの「新・増設はしない」という政府の基本方針を
いとも簡単に反故にして、新・増設に舵を切った。
 
 こんな大切な事を一時の思い付きで簡単に変更する
「軋駄踏尾」首相。(決断力の「軋駄」?)
 
 一年くらい経ったら、また「新・増設はしない」と
言い出すかも知れません?
 
「発言要旨」
 ”原発再稼働へ国があらゆる対応”、
 ”新たな安全メカニズムを組み込んだ次世代革新炉”の開発・建設、
 ”脱炭素の切り札?次世代型「小型モジュール炉(SMR)”の建設、
 
 こんなことを言っていますが、要は、電力会社に阿って
原発を推進しようと言う主張をしているだけのこと。
 
 国が責任をもって前面に立つと言っているように
聞こえますが、いざとなったら「シランプリ」は政府の得意技。
 
 福島の時も、根本的には「東京電力」の問題として
逃げている。
 
 この新型と言っている原子力発電のセールスポイントとしては、
  ”新たな安全メカニズム”
  ”次世代型革新炉”
      ”小型モジュール炉(SMR)”
      ”脱炭素の切り札”
 などと、”イカニモ?”と言う言葉を並べて
いますが、真の安全からは程遠い…………
 
 原子力発電所の最大の問題点は、
運転後にたまり続ける「高レベル放射性廃棄物」を
的確に処理・処分できないことにある。
 
 その技術は、未だに開発されていない。
地下埋却も何十万年もの保管期間がかかるし、
未だにその最終処分場の目途も立っていない。
 
 北海道で補助金につられて、最終処分場の
「文献調査」に手を上げた自治体がある様ですが……
 この町村長も、今だけ補助金を貰えればイイと
言う甘い考え方なのでしょう。
 
 高レベル放射性廃棄物の処理・処分の技術が確立
されていないのに、原子力発電所の稼働や増新設など
あり得ない話………
 
 原子力発電所は、高レベル放射性廃棄物の処理が
出来ない未完成の欠陥システムです。
 
 自分たちだけは原子力発電所で発電を続け、
電気をふんだんに使い続け、残った高レベル放射性廃棄物
処理・処分は、孫・子以降の世代にまで先送りする。
 
 こんなことが許されていいのでしょうか?
 
 高レベル放射性廃棄物の処理・処分については、
フィンランドでは、建設中の最終処分場「オンカロ」が
2020年代にも稼働する予定。
地下400メートル超に廃棄物を埋設し、
10万年にわたって保管する。
 
 安定した地層がない火山国の日本では、
この処分方法も無理な話。
 
 安易に原子力発電所の再稼働・新増設などと
無責任な事は言わないで欲しい………
 
 原子力発電所は、入口から出口(廃棄物処理)までの
確実な管理システムが完了出来なければ、設置すべきではない。
 
PS.:次世代原子炉の開発計画
 三菱重工が共同開発開発する次世代炉は、「革新軽水炉」。
(なんだか呼称だけは、素晴らしいものに聞こえますが……)
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(2022.3/15:ブログ)。
  我が家の節電等:(孫・子の代まで節電を?…なんやそれ……)
 
 * 待合室ストリートピアノの愁思
          2022.10.04./moai291
 思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で……
    記載内容に”誤解を招くような表現”があったのならならお詫びいたします。

「これ何? 何処へ行く西九州新幹線」

 「何これ? 」:和
 
 「人と神との和が出来なければ人間と人間との
  和ということは、皮相なものにすぎない。
  好きなときは好きだというようなものだ。」
            (澤木興道
 
  「人」と「神」と「人」のサンドウイッチか?
 
閑話休題:何処へ行く西九州新幹線
 
1,西九州新幹線開業
 2022年9月23日に「西九州新幹線」を長崎~武雄温泉間で部分開業。
しかし、未だに武雄温泉から先の新鳥栖間(佐賀県)の開業による
全通の見込みは全く立っていない
 
 JR九州は、最終目標としては、
「長崎」~「武雄温泉」~「新鳥栖」までフル規格の新幹線を
敷設して、九州新幹線とドッキングして「博多」までの
乗り換えなしの構想を示している。
 
 「西九州新幹線」の全通により長崎から博多・広島・新大阪まで
直通で行けるメリットは大きい。
 
 しかし、 未だに武雄温泉~新鳥栖間(佐賀県内)の
約50kmの未整備区間の着工のメドは全く立っていない。
 
 それなのに、「西九州新幹線」として見切り発車(開業)。
 
     (図はネットから借用……)
 
2,佐賀県が県内の新幹線敷設に難色を示す理由
 ①約束が違う
  佐賀県は、在来線が今のまま残るという1992年の合意しか、
  もともとしていない。それが、反故にされている。
 
  全区間フル規格で建設し、佐賀県長崎県内の並行在来線
  JRから経営分離されることは後から出てきた条件であり、
  条件が変わるなら今の合意はなかったことにするのが筋、
  と言うのが佐賀県の主張。
 
 ②県民へのメリットが少ない
  佐賀県には西九州新幹線を通すメリットが2022年時点で存在しない。
  在来線や自動車で「新鳥栖駅」まで行き、そこで
  九州・山陽新幹線に乗れば済むこと(新たな新幹線など不要)。
 
  また、在来線の民間委託形式により、県民サービスの
  低下が懸念される。
 
 ③負担金(約800億円)
  費用対効果の面で承服できない。
  費用対効果の小さい新幹線より、今の県民の足を
  守ることが最優先。(在来線の存続、確保)
 
  並行在来線がJRから分離されると、その維持負担の
  ために、今後膨大な費用が必要とされる。
  佐賀県には何のメリットも無いのに、新幹線の負担金
  (約800億円)は承服できない。
 
 ④当初計画案
  2007年、当初、佐賀県が新幹線を通すことに合意した理由は、
  国が主導して、線路の幅が異なる新幹線と在来線どちらも走行
  できる「フリーゲージトレイン」という車両を開発すると
  約束したことによる。
 
  これなら既存の線路が活用でき、負担も軽いはずだった。
  しかし、国は試験走行を重ねるうちに、車両の耐久性に問題が
  あるなどとして、フリーゲージトレインの開発を断念した。
 
  その後、国や長崎県が、新幹線専用の線路を新設する
  「フル規格」での新幹線整備を求めてきて、現在に至る。
 
 大規模な公共事業を実施する場合、どのような問題が
あろうとも、なし崩し的に工事をはじめ、地方から
どのような抵抗があろうとも途中で見直すことがないという、
公共事業の従来型の悪弊が今でも出ているようです。
 
 佐賀県の部長:「多額の建設費負担をして、在来線の利便性を
低下させても、それを超える大きなメリットがあれば、手を
挙げるだろうが、まだそこに至っていない」と話ています。
 
 第三者から見れば、長崎市長崎駅)と福岡市(博多駅)を
直結する新幹線ルート(143km)が出来れば利便性は
格段に向上するのですが…………
 
 令和4年(2022年)9月23日の開業時には、長崎〜武雄温泉間は
フル規格新幹線、武雄温泉〜博多間は在来線特急で運行され、
武雄温泉駅のホームで乗り換える対面乗換方式(リレー方式)と
なっている。(乗り換えは、年寄りには堪える……)
 
 さて、如何しましょうか…………
九州新幹線と直接つながる日は何時来るのでしょうか?
永遠に来ないカモ………
 決して、佐賀県だけが悪いわけではないことは確か………
 
PS.
 26日午前、佐賀県で、トラックが踏切内で脱輪し動けなくなり、
 この影響で、23日に開業したばかりの西九州新幹線も上下2本が運休。
 (フル規格の新幹線に踏切なんてあったっけ?:認識不足。)
PS.2
 28日午後、西九州新幹線(武雄温泉―長崎)の沿線自治体に
 爆破予告メールが送られた。(いやはや何とも……)
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(2022.3/15:ブログ)。
  我が家の節電等:(フル規格の節電?…なんやそれ……)
 
 * 宵闇の西九州新幹線何処へ
       2022.10.03/moai291
 思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で……
    記載内容に”誤解を招くような表現”があったのならならお詫びいたします。

「これ何? 燃え尽きた燃える闘魂!」

 「何これ? 」:辛抱
 
 「よくよく探ってみると、自分の思うように
  自由のきくものは何もない。
  これは一生涯辛抱しなければならぬ。
  辛抱せんでもよいことは何もない。
  それは自分のものというものはないからである。」
              (澤木興道
 
   人間、辛抱することが人生か………
 
閑話休題国葬か?
 
三遊亭円楽」氏、「アントニオ猪木」氏が
逝去されました。ここにご冥福をお祈り申し上げます。
 
 国民の弔意の数では、先の国葬対象者を
遙かに上回る筈です。
 
 こうならば、「国葬」?………
 
 先の「国葬と言われるもの」が
如何にヘンテコなものだったのかが
今更ながら確認されます………
 
 さて、北朝鮮ではこの時期も「打ち上花火」が
盛んな様です。
 
 そんなに打ち上げ花火をする「お金」があるのなら、
世界からの経済協力など必要ないと言う事ですね。
 
 真に国民のためを思えば、「打ち上げ花火」に
多くの予算など割いている余裕など無い筈。
 
 今年に入ってからの「打ち上げ花火」の回数。
2022年1月に6回、2月に1回、3月に3回、5月に4回、
6月に1回…………「弾道ミサイル」等の発射。
 
 しかしこの悪しき兆候は、「日本」にも伝染して
来ている様です。(防衛費の安易な増額等々へ)
 
 新型コロナよりも、脅威の伝染力か?………
 
PS. それにしても最近地震が多いことが気になります。
  今、防災対策を真剣に考えておく必要がありそうです。
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(2022.3/15:ブログ)。
  我が家の節電等:(打上花火で照明兼用、これって節電?…なんやそれ……)
 
 * 歓声も消えて寂しき花火かな
         2022.10.02/moai291
 思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で……
    記載内容に”誤解を招くような表現”があったのならならお詫びいたします。

「これ何? 何と呼ぼうが勝手…」

 「何これ? 」:何もせぬこと
 
 「人間の仕事を何もせぬのが坐禅である。」
            (澤木興道
 
    政治家は、何時も座禅をしていると言う事なの?
 
閑話休題:何と呼ぼうが勝手…
 
 大阪府議会は、議員に対しての「先生」と言う
呼びかけを止める様にするとの事です。
 
 議員に対して、先生と言う呼びかけをやめるのは、
議員が特別であるとの勘違いを助長することに
つながりかねない」?大阪府議会の議長らは
言っています。
 
 また、「先生ではなく、議員と呼んでもらうこと
によって、対等な立場により近づけ、変に上下関係を
生まないということにつながっていくのではないか」
とも話している。?
 
 まさに、上下関係が現前と存在しているという
考え方が前提としてあるのがよくわかりますネ。
 
 このような事を意識するのは
本当は自分たちが「エライ」と考えていることの
裏返しではないかと、腹黒い私は邪推してしまいます………
 
 また、府の職員に対しても、議員を「先生」と
呼ばないよう求めており、今後は、名前に「議員」や
「さん」などを付けて呼ぶことを要請したそうです。
 
 大阪府の「余志村」知事も記者団に対し、
”府の全職員に対して、「先生」と呼ぶことはしない、
こういった慣例?はやめるという通知をする”としている。
 また、“国会でもやるべき”とも言っている?……
 
 そんなに気張らなくてもイイ内容なのに………
こんなこと、議論すべき様な事なのでしょうか?
 
 公務員にとっては、議員に対しての「先生」と
言う呼びかけは便利なもの。
 
 名前を忘れていても、先生、先生と呼んで
話をしているうちに相手方の議員の名前を
思い出すことも度々あった。
 
 この「せんせい」と言う呼びかけは、
よく使用させてもらったものです。
 
 別に尊敬の念を含んで使っていたわけでは
ありませんし、また子馬鹿にしていたわけでも
ありません。
 どの様に使うかは、その人の自由でしょう……
何をいまさら………
 
 「先生と言われるほどの馬鹿でなし」
 
 大阪府の議員さんたちは、この川柳の意味を
理解できていないのでしょうかね……
 
 本当は「先生」と呼ばれることは、何か子馬鹿に
されているようでイヤなのでしょうか?…”先生”……
 
 また、元々プライドが高い人達なので、
「先生」と呼ばれて悦に入っている先生方も
見受けられることも確かですが……
 
「先生と言われるほどのろくでなし」カナ?…”先生”……
 
 ●ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(2022.3/15:ブログ)。
  我が家の節電等:(節電?先生に聞いてみよう…なんやそれ……)
 
 * 新入りを何と呼ぼうか秋の暮
          2022.10.01/moai291
 思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で……
    記載内容に”誤解を招くような表現”があったのならならお詫びいたします。

「これ何? 受け取る仕組みがない」

 「何これ? 」:亡者
 
 「亡者が出てくるとよくいうが、それも生きているものが
  ある間だけのことで、もし生きているものがなくなると、
  亡者も化けて出てこない。
  亡者は生きているものの道具であると
  ”二十唯識”には出ている。」 (澤木興道
 
   化けて出ようとしても、それを確認できるものが
   存在しなければ、何にもならぬ……
 
閑話休題:「受け取る仕組みがない」
 
 安倍元首相への国葬等に関連し、弔意を示すために
自治体がまとめた市民からの「御芳名帳」を、
「受け取る仕組みがない」と訳の分からぬことを
言って受取り拒否をしている「内閣府大臣官房
安倍晋三国葬儀事務局」。
 
 それなら安倍元首相の「国葬」は
実施する仕組みがあったとでもいうのカイ?
屁をこくみたいなバカバカシイことを…”子糞~”…
 
 「実施する仕組みが無い国葬」を勝手に実施しておいて、
それに付随する御芳名帳は「受け取る仕組みがない?」
として、受け取り拒否?。全く訳が分からない………
 
 もう、葬儀委員長の「軋駄踏尾」首相宅へ宅急便で
直接送り付けるしかないのでしょうか?………
 
 それにしても国民の「こころ」をいとも簡単にないがしろにする
内閣府大臣官房故安倍晋三国葬儀事務局」って
一体何様なのさ……”子糞ヤロウ”(品がなくて貧がアル?)……
 
 政府には、安倍氏に対しての本当の意味における
「弔意」などサラサラ無かったと言う事なのでしょう。
 (分かってはいたことなのですが………)
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(2022.3/15:ブログ)。
  我が家の節電等:(我が家には節電を実施する仕組みが無い?…なんやそれ……)
 
 * 遮断機の降り方早き秋の暮
          2022.09.30/moai291
 思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で……
    記載内容に”誤解を招くような表現”があったのならならお詫びいたします。

「これ何? 男の腐ったような奴」

 「何これ? 」:労
 
 「世の中に心を労せにゃならぬことは何もない。
  妄想分別の何も役に立たぬことが、
  ”役に立たぬ”と決まるだけである。」
          (澤木興道
 
   役に立たないことは、役に立たない。
   出来ぬことは、出来やしない。
   しかし……………
 
閑話休題:男の腐ったような奴
       辻元清美クン
 
 立憲民主党辻元清美参院議員が2012年に
統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の
関連団体「世界平和女性連合」の勉強会に
参加していたことが明らかになった。
 
 旧統一教会の今までの行状を分析すれば
議員としての責任は大きいはず。
 
 どの様な理由があろうとも、結果責任を明確に
するため、即議員辞職をすべきです。
 
 統一教会との関連で辻元議員が自ら辞職すれば、
自民党議員もそれに続かざるをえなくなることは必定。
 
 どうせ救済措置で議員にしてもらったのだから、
ここはスパット女らしく辞めるべきです。
 
 これを、今回の旧統一教会問題の議員辞職
一つのスタンダードモデルとして、立憲民主党
他党にも主張できるのに………
(今回の辻元議員以上の議員は、即辞職と…)
 
 同党の泉健太代表は「自民とは関係性や距離感が
大きく違う」と馬鹿の上塗りともいえる話をしている。
 
 一体どう違うというのでしょうか?
(所詮イイワケにしかならないのに…)
 
 こんなフヌケな事では、ゴタゴタの自民党にすら
勝てませんよ。
 
 辻元議員をスパット辞職させれば、自民党も関係議員
の処分を考えざろう得なくなるのに………
 時間が勝負です。 何故、それが出来ない?
 
 辻元をスパット捨ててでも、実を取れ………
政治家(党首)なら、それ位の判断が出来なくて
如何する ”泉健太”………
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(2022.3/15:ブログ)。
  我が家の節電等:(辞職しても節電を忘れずに?…なんやそれ……)
 
 * 秋の灯の別れの曲はショパンかな
             2022.09.29/moai291
 思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で……
    記載内容に”誤解を招くような表現”があったのならならお詫びいたします。

「これ何? 友人代表弔辞」

 「何これ? 」:オレ・オマエ
 
 「生きておる間はオレとオマエと当然あるかのごと
  思うて、背丈比べしたり、お化粧したり大騒ぎする。
  しかし本当はオレとオマエという二つはないのである。
  それは死んでみればようわかる。」 (澤木興道
 
   オレとオマエ、死んで本当にわかることとは何……
 
閑話休題:友人代表弔辞(抄)
      菅前首相の「友人代表弔辞(抄)」
 
” 天はなぜ、よりにもよって、このような悲劇を現実にし、
 いのちを失ってはならない人から生命を召し上げてしまったのか ”
 
 命を失ってはならないのは、ABに限ったことでは無い………
  いのちを失っていい人なんて、何処にもいない………
  (マァ、気持ちは分からなくもないが…友達なら…)
 
” 総理、あなたは今日よりも、明日の方が良くなる日本を創りたい。
 若い人たちに希望を持たせたいという、強い信念を持ち、
 每日、毎日、国民に語りかけておられた。
 そして、日本よ、日本人よ、世界の真ん中で咲きほこれ、
 これが、あなたの口癖でした ”
 
 この信念を本当に国民に実践していてくれたならなぁ~…………
  私には、到底そうは思われませんでしたが………
 
 日本、日本人が世界の中心に?
  まるでどこかの国の全体主義の世界を見ている様な……
      本人だけがカッコイイと思う言葉だけを連ねた様で……
 
③ 山県有朋伊藤博文への和歌を例に…
  「かたりあひて 尽しし人は先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」
 
 これはイイよ……(当たり前か)……
 
 ところで、「弔問外交」なんて言っていたけど
一体何が出来たの?
 
 通訳を交えての内容なら、30分の会談も
実質15分にしかならない。(通訳の時間がかかる)
第一線級の者も来日していない。
 
 まぁ何はともあれ、よく言えばお亡くなりになれても
色々な物議を巻き起こす人であったことは確かです。
しずかにお休みくだされ…………
 
 「軋駄踏尾」首相は、国葬が終了すれば、
国葬問題」は鎮静するだろうと念じているのでしょうが、
さて、如何なものでしょうかネ?
 
 ウクライナへの間接的支援のために「節電」しましょう(2022.3/15:ブログ)。
  我が家の節電等:(賛否両論の節電?…なんやそれ……)
 
 * 釣瓶落し去りにし君への残像
         2022.09.28/moai291
 思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で……
    記載内容に”誤解を招くような表現”があったのならならお詫びいたします。