どういう意味?

「ことば」の解釈斜め読み

「これ何? 赤木ファイル」

「何これ? 」天知る
 
 「隠れたるより見(アラ)わるるはなく、
  微かなるより顕(アキ)らかなるはなし。」
             (『中庸』)
 
 隠れていても、世に目立つもので、細かな事でも世に知られる。
 悪事を隠しても「天知る」、「地知る」、「己知る」。
 
閑話休題】:「赤木ファイル」
 この「赤木ファイル」は、2018年に自殺した、
財務省近畿財務局の赤木敏夫氏が、「森友学園公有地売却に関する
決裁文書の改ざん」の経緯についてまとめたファイルです。
 
 国側は、このファイルは赤木氏が個人的に作成したもので、
「職務上の行政文書では無い」と説明しています。
 
 しかし何故か、黒塗り等のマスキングがしてあります。
 
 マスキングの理由は、第三者の個人情報が含まれており、
森友問題が引き続き報道されるであろう事に鑑み、
「改ざんに関与したと認定されていない職員らにも、取材が殺到し
私生活の平穏が脅かされる恐れがある」ためだと主張しています。
 
 赤木氏の平穏を脅かしたのは、誰だったのでしょうか?
正に、他人事の対応に「怒り心頭」の感ありです。
 
「職務上の行政文書では無い」、「赤木氏個人の記録」とするなら、
赤木氏の遺族に、このファイルを返却する際に、
何故マスキングをする必要があるのでしょうか?
 
 マスキングの対象とその範囲は、「裁判所の訴訟指揮に
真摯に対応すると言う観点から、出来る限り(マスキングは)
狭いものとする」と訳の分からぬ事を言っています。
 
 そもそも、行政文書でもない個人ファイル(文書)に
行政がどうしてマスキングなど出来るのでしょうか?
 
 行政文書なら、行政側がマスキングをする事も当然あり得ます。
しかし、個人の文書と認めておきながら、その記載内容に
マスキングをするとは?、どんな神経をしているのでしょうか?
あきれてものも言えません。
 
 取材が殺到し「職員の私生活の平穏が脅かされる恐れが
あるためマスキングをした」などと言っていますが、
それなら赤木氏の平穏は何故守ろうとしなかったのでしょうか?
 
 「赤木ファイル」は無かったと抗弁されるよりは、
まだましだと思わなければならないのでしょうか?
(憤懣やるかた無し……………)
 
 赤木氏が、どんな思いでこのファイルを作成し、
書き残したのか、何故自殺にまで追い詰められたのか等を
財務省のお偉い方々は、自責の念をもって詳らかにして
欲しいものです。
 
 赤木氏の死を、無駄にしないためにも…………
 それが当事者としての最低限の責任です。
 
 * 青嵐  嘘を誠に 変える技
         2021.05.08.moai291

「これ何? 段ボール」

 「何これ? 」
 
 「礼は夫婦を慎むに始まる。」 (『礼記』)
 
 人間社会の「礼」は、夫婦の礼を基本とする。
 (日常生活の礼は、夫婦の礼から始まる。)
 また、人の躾の第一歩は、食事の作法から始まるとしている。
 
 最近、特に巣ごもり状態の継続につき、
ネットショッピングが増えた。
 
 重い荷物も、玄関先前まで持ってきてくれるのは
ありがたい。
 
 商品は、段ボール箱に入れられて配送される。
この段ボール箱の処分が問題である。
 
 本来なら、段ボール箱を解体し、まとめておき
しかるべき時期に、資源リサイクルに出すのが
最も良い処分方法なのでしょう。
 
 しかるべき処分の時期まで、保管するにしても、
如何に我が家が大邸宅(?)でも、そのスペースの
確保にも問題がある。
 
 現在は、段ボールを裁断し、「燃えるゴミ」として、
定期回収日に集積場所に出している。
 
 リサイクルの気持ちはあるのですが、実践が
全く出来ていない。
 
 無駄に廃棄することを防ぐ、良い方法委は
無いのでしょうか?
 
方法案①~③
 ①段ボール配送を受けたら、その場でこの
  段ボールを持ち帰ってもらう。
  又は、次回配送に来た際に、持ち帰ってもらう。
  そして、事業者が、再利用する。
 (または、事業者がまとめてリサイクル処分する。)
 
 ②箱に入った商品は、その包装容器のまま
  段ボールに入れず、そのまま配送する。
 (しかし、多くの日本人は、「商品の箱」に
  汚れが付いていても、気にする人が多い。)
 
 ③個人用の「配送コンテナ」を事前に用意し
  使いまわす。
 
 どれも使い物にならない案だなぁ~
 利用出来そうな案も無いなぁ~
・このツマラナイ案をリサイクルする方法を
 誰かご存じありませんか?
 
 リサイクル、リユース等を真剣に考え、実践する
ことが必要だと考えさせられる、今日この頃です。
 
 * ベッド下 埃まみれの春ショール
              2021.05.07.moai291

「これ何? ガラケー」

   「何これ? 」:尊敬
 
 「夫は五つの仕方で妻に奉仕すべきである。
  尊敬する、軽蔑しない、道から外れない、
  権威を与える、装飾品を与える。」
           (釈迦)
 
 神に仕えるように、妻を尊敬すること。
全ての家の事について、文句を言わないこと。
時には感謝を、かたちで現わすこと。
 これが、夫婦円満の秘訣と教えている。
 
閑話休題】:3G通信
「使えなくなるガラケー
 3G回線電波を使用している携帯電話(ガラケー)、
NTTドコモが3G通信サービス「FOMA(フォーマ)」を
2026年3月末をもって終了することを公表している。
 
 故障した機種の修理サービスも、多くが終了しつつある。
3Gケータイを「使いたくても使えない」状況になりつつある。
 
 長期間にわたって同じケータイ(ガラケー)を使っている人は、
「電話とメールしか利用しない人」が多い傾向にあるようです。
 
1,私が現在使用している移動通信手段は、
 ①携帯電話(docomoガラケー
 ②スマホ(フリービットスマホ):2016.09~
 
2,通信にかかる現在の利用料金
 (本年4月の携帯等支払金額)
  ドコモガラケー:1338円
    フリービットスマホ:1766円
            合計: 3104円  ・安い!
 
3,現在の使用機器の使い分け
 ①携帯電話(ガラケー
  音声通話の着信が主。
 *この携帯の電話番号は、長らく使用しているため、
  ここにかかってくることが多い。
 
 ②スマホ(フリービットスマホ)
 *いわゆる格安スマホ
  通話の発信は、主にこのスマホ
  通信料金は、ip電話なので単価が安い。,
 *ネット、メール、SNS、SMS等はこのスマホ
  動画は長時間見ないので、この格安スマホでも充分。
 
  2016年に格安スマホを購入する前に、
 スマホ代わりに、ネット用にこれを使用。
 (現在は、ほとんど使用していない。)
 
4,今後の方針
 案1:docomoガラケーから、docomoスマホへ変更する案。
   ・周知されている携帯番号がそのまま使える利点。
   ・使用料金が高くなる欠点。
 
 案2:現在のままdocomoガラケーを使い倒し、
    その後は、スマホ(フリービットスマホ)のみとする案。
   ・周知されている携帯番号の変更の連絡が面倒。
 
  さて、どちらの案にしましょうか?
 「ユウフク」なら案1、「ビンボー」なら案2でしょう。
 
 「ユウフク」or「ビンボー」、
 さて、私はどちらだと思いますか?
 
  * 猫を濡らすか 八十八夜の雨
            2021.05.06.moai291

「これ何? 五輪リレー」

   「何これ? 」:素直な心
 
 「直心これ道場なり。」 (『維摩経』)
 
 素直な心をもてば、その人は仏の心に等しく、
尊敬されるようになる。
 
  鳥取県の平井知事曰く、
 「そもそもリレーの目的は平和や友愛など五輪の理想を体現し、
  大会への関心を高めるためだ。
  地方で皆が見たいのは同じ村のあの人、苦労してきたあの子が、
  聖火を持って堂々と走る姿ではないか。その体験を共有し、
  記憶に刻み込むことが、リレーの意義だと思う」
 とのコメントをしています。
 
 正に、その通りだと思います。
 
 五輪聖火リレーリレーを中止できない理由としては、
リレーの財源が、約100億円のスポンサーの協賛金であること。
 
 国からの支出はない。
都道府県も域内の沿道警備や式典の費用を負担するだけ。
 
「世論の批判があるからといって、リレーを途中で中止したら、
スポンサーから『逸失利益を支払え』と言われかねない。
「商業五輪」の悪い影響が出ている。
 
 五輪は商業化によって肥大化し、スポンサーの協賛金に加え、
巨額の運営費と膨大な人的負担等を開催都市に強いる様になった。
 
 IOCだけでなく国際競技団体や有力スポンサー、政治家を含め、
五輪を巡る利権が複雑に絡み合った構造になってしまった点に
大きな問題がある。
 
「商業五輪」の源流は、1984年のロサンゼルス大会に遡る。
背景には、その8年前のモントリオール大会が巨額赤字を
計上したことへの反省があった様です。
 
 現代五輪は問題だらけ。
そろそろオリンピック大会の開催の在り方自体を抜本的に検討
し直す必要があるような気がしていますが………
 
 日本が当初提案した「簡素化」や「分散化」「選手第一」は
確実に改革のキーワードになり得ます。
 
 日本政府として、今後何処まで国際社会に対して踏み込んだ
問題提起が出来るのかを、見守りたいものですが…………
 
  いずれにせよ「コロナに打ち負かされた」五輪となるのは
確実でしょう…………
 
  * コロナ禍も つつじの白と 空の蒼
               2021.05.05.moai291

「これ何? 執行猶予 」

  「何これ? 」生前の業
 
 「善い事をして、この世からあの世に行った人を
  善業が迎え受ける。
  愛する人が帰ってきたのを、親族が迎え入れるように。」
             (『ジャータカ』)
 
 生前に積んだ善悪の業が、あの世で待ち受けている。
悪業が重いと地獄へゆき、善業が重いと幸せなところへ
生まれる。
 
閑話休題】:弁護士
 2010年、大阪地検特捜部の「証拠改ざん隠ぺい事件」で、
「犯人隠避罪」に問われ、執行猶予付きの有罪判決が確定した
地検元特捜部長のOH氏が、弁護士登録を申請して、
認められたそうです。
 
 弁護士法の規程では、執行猶予の期間が過ぎれば
弁護士登録は可能になるそうです。
 
 OH氏は、執行猶予の期間が過ぎた事から、
弁護士登録の申請を行い、認められた様です。
 
 まあ、職業の選択は自由ですから、とやかく言う
事は出来ません。
 
 しかしこの経歴(有罪判決を受けたという事実)は
氏が弁護士活動をする際には、開示すべき内容です。
 
 経歴に、正確に載せて弁護士活動をして欲しいものです。
 
 この経歴を見て、仕事を依頼するか否かは、顧客の判断です。
「有罪判決を受けた弁護士などイヤ」だと言う人もいるでしょう。
 
 しかし、この様な「狡猾な人?」を、自身の弁護士として
仕事を依頼しようとする人も、希にはいるでしょう。
 
 弁護士に仕事を依頼しようとする人へ、自身の経歴内容等の
情報開示は、きちんと行って頂きたいものです。
 得意の「隠ぺい」などしないでください。
 
 経歴に、「犯人隠避罪」に処された事も正確に載せて
弁護士活動をすることが、かえって自身の信用にも繫がると
言う事を、この人は理解出来るのでしょうか?
 
 特に、弁護士と言う職業は、「信用第一」です。
 
 もしかして、素晴らしい弁護士になる可能性をも秘めて
いる事を、この人は自覚できているのでしょうか?
 
 その第一歩が、経歴を詳らかに、明示する事から
始まります。 出来ますかな?…………
 
 さて、この人にどれだけの度量があるのかを、
見せてもらいましょうか…………
 
 *春「取扱説明書」の不安
           2021.05.04.moai291

「これ何? 紙本」

 「何これ? 」:道を学ぶ
 
  「学道の人は、復た嬰孩のごとくなるを要す。」
                (碧巌録)
 
 道を学ぼうとする者は、素直で邪気の無きよう
すべきである。
 
閑話休題】:デジタル教科書
 政府は、24年度から「デジタル教科書」導入を
目指すこととしている。
 しかしながら、懸念を示す者も少なくない。
 
 多くの事がデジタルで確認出来る時代なので、
せめて教科書位、「紙」でいのでは?
 
 あえて言えば、私は教科書は「紙」の方が良いと思う。
 
 今のお子様たちは、もうすでに「デジタル」に慣れ
親み過ぎているきらいがある。
 
 LINE、SNS、ゲーム、You Tube、ショッピング等
既に使い慣れている。
 
 いわゆる「スマホ脳」を懸念する状況でもある。
 
  「もしかしたら、何か新しい事があるかも知れない」、
と言う期待が、SNSやネット情報に依存してしまう
様になってしまっているのでしょうか。
 
 新奇なものへの期待や憧れは、否定されるべきものでは
ありませんが、過ぎたるは……です。
 
 自身の体と五感を働かせ、環境の変化を感じ取り、
情報の「真」、「贋」を見分け、また、他者との意思疎通を
はかる生き方が大切なのではないのでしょうか。
 
 せめて、「教科書位は「紙」にしておいて欲しいものです。
デジタル教科書では、次のような俳句は絶対に生まれません。
 
 ※村上健志さん(フルーツポンチ)の一句です。
   ”行間に次頁の影夕立晴 ”
               (ユダチバレ)
 (本人のコメント)
   電車に乗って本を読んでいたら、行間に次のページの影が
  スッと入ってきた。「いいな、きれいだな」って。
   その影に気づくと、周りの明るさに今度は気づくわけです。
  さっきまで降っていた雨がすっかりやんで晴れていた。
   小さなことを発見することで、それ以外の大きな世界が
  広がるのです。
 
 デジタル教科書では、この様な発見は出来ない。
やはり「本」は、紙がイイナ……インクのニオイもイイし………
 
 *文庫本 持ちて迷えし 野がけかな
            2021.05.03.moai291

「これ何? コメント」

 「何これ? 」:詮
 
 「心を直さぬ学問して、何の詮かある。」
              (叡尊
 
  心の教育をしないで、何か為になることが
 あるのであろうか。
 「仏作って、魂入れず」である。
 
閑話休題】:閉じたコメント
 私は、「ブログのコメント」を閉じています。
 
 コメントを閉じている理由は、
  1、コメント力がない。
        (気の効いたコメントが書けない。)
     2、受け取り側の感情に無頓着。
  3、コメントへのリアクションが的確に出来そうもない。
  4、基本的に本名を確認しにくくしてあるので、
    責任感の薄いコメントになりがち。
  5、人づきあいが悪い(と思う)。
 
 つらつら考えるに、以上の様になります。
この中では、やはり「受け取り側の感情に無頓着」が
主要因かな…………
 
 約一年前に、失敗コメントをした前科者です。
 
 何も考えずに、当人を勇気づけるつもりで、
 ”  気にする事などありません。ケセラ・セラですよ "
などと無神経にも書き込んでしまいました。
 
 他者を「勇気づけることが出来る」などと言う思い上がりは、
何と不遜な考え方なのでしょうか。
 
 心のこもったコメントをせずして、「何の詮ありや」。
まだまだ修行が足りぬと感じる、緊急事態下の皐月の朝です。
 
 *春ショール 髪をかき上げ 終電車
                     2021.05.02.moai291