どういう意味?

「ことば」の解釈斜め読み

「これ何? 岸田君の出席は?…」

  「何これ?」:統治
 
 「理想的な帝王は、この大地を
  征服するであろうが、刑罰によらず、
  武器によらず、法によって統治する。」
        (釈迦)
 
   武力によって統治する愚か者は
   いずこに………
 
 【今日の思込】:どの立場でのご出席?
 
  岸田総理が、今回の自民党5人の
 「政治倫理審査会(以下、政倫審)」に
 出席する意向なんだって?
  どの立場での出席なのカナ?
 
  これを受けて、今回の政倫審に、
 主役の5人も公開で出席する事にしたらしい。
 
  岸田君が出席したとしても、
 何ら新しい事実は出てこないでしょう。
 
  出るなずもない……
 もし仮に今、岸田君が新事実を公表するとしたら、
 今まで、なぜ黙っていたのだぁ~と
 攻撃を受けること確実。
 
  それなら一体何を発言するつもり
 なのでしょうか?
  今まで通り ” 促す ” だけなのでしょう。
 
 「衆議院政治倫理審査会規程」第十九条には、
  ”審査会は、審査のため必要があるときは、
 議長を経由して、国務大臣又は内閣官房副長官
 副大臣若しくは大臣政務官若しくは政府特別補佐人の
 出席を求めることができる” となっている。
 
  内閣総理大臣は入っていない……
 
  罰則もない「政倫審」で皆様方は、
 一体何を語るのでしょうか?
 『出ることに意義がある』?では遺憾とも……
 
  本当にやる気があるのなら、
 虚偽の発言をしたら罰則のある
 国会での「証人喚問」で行うべきでしょう。
 
  与野党間での”実のない出来レース”の
 始まりデス……
 (ヤッテル感を醸し出すことに双方とも精一杯…)
 
  ところで岸田君はどの立場での
 「政倫審」への出席なの??
 (いまいち分からない……、
  単なる傍聴の規定もないのに…)
 
  *草青む動き静けき土の中
       2024.02.29/moai291
  ※世界平和のためと、自身のために「節電」しましょう。
    我が家の節電等:(傍聴人の節電?…なんやそれ……)
   ●思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で…

「これ何? 首長への”おもいやり”」

   「何これ?」:無明
 
 「人間が執着をつくるのは、
  人間の真実相を知らないからである。
  だから執着の根底には無知が存在する。」
          (中村元
 
   執着に偏ると、物事を正しく
   認識できない無明の状態に陥る。
 
 【今日の思込】:木っ端役人の「忖度」
 
 定例記者会見等での記者の質問内容を事前に
 制限するなど、「言論の自由を保障した憲法
 違反する悪質な行為」が数多く見られるとの
 抗議声明を出した。
 
 具体例としては、次の様なことを挙げている。
  ①徳島市で、市長の定例記者会見において、
   市職員が地元紙の記者に対し、
   市長選(4月7日投開票)に関する
   質問をしないよう求めていた。
 
  ②山梨県長崎幸太郎知事へのインタビュー
   取材で、政治資金収支報告書の不記載に
   ついて質問しないよう県幹部が一部の
   報道機関に要請していた。
 
  ③昨春から石川県の馳浩知事が、
   理由も定かにせず定例記者会見に応じていない。
 
  ”木っ端役人の神髄ココにあり~”
  まさに「忖度」のプロ……
 
  そんなに”よいしょ”していては
 身(カラダ)がもちませんよ!
 
 「忖度」の字義は、今まではいい意味で
 使っていたことが多かったのですが……
 それが今では……
 
 ※『忖度』:広辞苑
   他人の心中をおしはかること。推察。
   「相手の気持ちを……する」
 
  この様に、日本人の気遣いの細やかさが
  醸し出されていたのですが……
 
  現況では、忖度の意味には、
 ” 権力者や上の立場のものに、
   迎合しヨイシュすること ” との
   字義を加えるのが、今的なのかも?
   (何ともはや……)
 
 「忖度」、
  この相手を思いやる優しくも美しき日本語が
 しょうーもない意味に使われるなんて……
 なんとも情けなく候……
 
  ”いらぬ「忖度」、するが「忖度」
 なのでしょうかね………
 
  *亀鳴くや気配り無しの会議室
         2024.02.28/moai291
  ※世界平和のためと、自身のために「節電」しましょう。
    我が家の節電等:(忖度しながらの節電?…なんやそれ……)
   ●思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で…

「これ何? 公開でイイジャン…」

    「何これ?」:信頼
 
  「恩を知り恩に報いる堅固な人、
  よき友であり義理堅い人、
  苦しむものによく尽くす人、
  このようなものを立派な人と呼ぶ。」
      (『ジャータカ』)
 
    人は他者からの恩を受けて
    生きている。
 
 【今日の思込】:” 嘘つきは政治家のはじまり ”…
 
 「衆院政倫審」は28、29両日の開催が決定している。
 審査を申し出たのは、安倍、二階両派の幹部5人。
 
  議員も報道陣も傍聴できない「完全非公開」を
 そろいもそろって、主張しているらしい。
 
  という事は、聴かれて不都合な事でも、
 しゃべるつもりなの?
 
  いや、何もしゃべらないのでしょう。
 しゃべったとしても ” 秘書がぁ~ ” 位しか
 言わないのでしょうに……
 
  それなら「公開」でイイジャン……
 
  こんな茶番につき合っている暇はないので
 「報道陣の対応」としては、「完全スルー」で
 対抗してみては如何でしょうか?(報道セズ)。
 
  議員が何を言ったかも知りえない
 報道なんて、無価値なのですから。
 
  ここは「報道陣」は、完全無視で
 対抗すべきですね。
 
  どの先生方の御顔も、見る限りにおいては、
 皆さんそんなに「恥ずかしがり屋さん」だとは
 見えないのですが……
 
  「審査会」は非公開を希望?
 自身の潔白を世間につまびらかにする
 為の絶好の機会が「審査会」ではないの?
 (マァ、そう言われても、潔白ではないので……)
 
  悪さをしていなければ、公開でイイジャン。
 非公開希望とは、自ら「悪さをしていた」と
 認めるようなものなのに……
 
 「アタマ悪いよねぇ」……、
 これって何処かで聞いたようなセリフ……
 (” 頭悪いね ”:by 谷川弥一議員)
 
  「嘘つき放題セール」の開催は
 実のあるものにはならないのは確実です。
 
  こんな「審査会」は、やるだけ無駄……
  時間の無駄。
 
  罰則規定のある「証人喚問」にすべき
 なのでしょうが、その場でもシラを切り続ける
 事は目に見えていますので……
 
  ここを乗り切れば、「説明責任は果たした
 と仰るつもりなのでしょうね…この人達は……
 「果たした?」果たしてそうなるのでしょうかネ?
 
  小市民としては、こんな議員たちを
 選んでしまったことを「審査会」で訴え、
 懺悔でもしたい気分……(アァ、なさけなやぁ~)
 
  ” 嘘つきは政治家のはじ()まり ”…ダヨネ
 
   * 春の蠅ルール無視の猫パンチ
        2024.02.26/moai291
  ※世界平和のためと、自身のために「節電」しましょう。
    我が家の節電等:(非公開の節電審査会?…なんやそれ……)
   ●思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で…

「これ何? 巨悪と戦う国税庁って?」

 「何これ?」:忍
 
 「愚者は、荒々しいことばを語りながら、
  自分は勝っているのだと考える。
  しかし謗りを忍ぶ人こそ、
  常に勝利があるのだ。」  (釈迦)
 
    荒々しい言葉で相手を謗る人。
    その言葉は往々にして
    その者にかえっていく。
 
 【今日の思込】:搾れる所はドコダァ~
 
  国税庁が2016年に「国税専門官」募集
 ために制作したポスターが今話題に……
 
  このポスターのキャットコピーは、
  『巨悪と戦うなんて、ドラマの中だけの話。
      だと思っていた。』……
 
  
   (画像はネットから…)
 
  今も昔も「ドラマの中だけの話」ですよ。
 今も昔も上級国民に対する「忖度」優先……
 
  しかしこのポスターの「巨悪」とは
 一般国民(小市民)を指しているのカモ?
 
  ” 小市民の脱税は絶対の許さないゾォ~
 すべて搾り取ってやる ” と言う意気込みの
 表れなのでしょうか?
 
  そして上級国民への対応は、
 「丁寧に説明を促す」と言う方針なのでしょう。
 
  この様な態度は、一般国民(小市民)は、
 忖度される側の「上級国民」に早くなれ、
 と言う叱咤激励とでも言うつもり
 なのでしょうかネ?
 
  2016年当時の「巨悪」とは、
 一般国民(小市民)の事だったのですかぁ~!
 
  現在の「巨悪」は、国会議員などの、
 「上級国民」となっていますので、
 そこのところを、今後ともよろしくネ………
 
  * 春の宵ポスター剥がし廃業す
         2024.02.26/moai291
  ※世界平和のためと、自身のために「節電」しましょう。
    我が家の節電等:(巨悪の節電元?…なんやそれ……)
   ●思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で…

「これ何? 笑わせる事を促す?」

   「何これ?」:滅
 
 「これは煩悩である。これは煩悩の生起である。
  これは煩悩の滅である。
  これは煩悩の滅におもむく道であると
  如実に知りました。」  (釈迦)
 
    煩悩とは、煩わし悩ます心のはたらき。
    苦しみの根源でもある。
 
 【今日の思込】:笑わせるぅ~
 
  岸田首相、”安倍派幹部らに説明を促す”(笑わせるぅ~)
 
  最近やたらと耳に入ってくる岸田君のお言葉。
   ”……を促す 
 
  自民党派閥の政治資金問題に
 関与した議員への対応を巡っても、
 ” 説明責任を果たすよう促す ”……
 
  また、甘利明衆院議員が党幹事長在任中の
 約1カ月間で3億8000万円の政策活動費
 については、首相は「違法な使い方はされていない。
 適正に使われている」との回答。
 
  ” それって、あなたの感想ですよね…”
   (何処かで聞いたフレーズ。)
 
  岸田君に対し、「より一層説明責任を
 尽くす様促したい」と促したい位いデス。
 
  国民としては、
  ” まともな政治を行うことを促す…”
 と 皆で言いたい気分なのですが………
 
  こう言っていれば、マトモな政治に
 なるでしょうかね?
 
   これで解決するようなら、いたって
    ” 楽ちん・ラクチン!” なのですが……
 
  自民党につける薬は、
 「選挙」しかないみたいです。
 
  自民党の皆さんには、少しでも
 「イラ~」として頂ければ幸いです。
  いや、「イラ~とすることを促す」?
 
  有権者には「選挙に行くことを促す…」
 
  偉そうでしょう~、
 さて、誰がどの様な立場で言っているの
 でしょうかネェ~?
 
  *青空に光なくして余寒あり
        2024.02.25/moai291
  ※世界平和のためと、自身のために「節電」しましょう。
    我が家の節電等:(節電の説明責任を促す?…なんやそれ……)
   ●思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で…

「これ何? ”みんなで渡れば怖くない”by,国会議員…」

   「何これ?」:罪
 
 「悪いことをしても、それが善くないことで
  あったと気づき、反省し、過ちを悔い改め、
  善いことをし続けていくなら、罪は日ごとに
  消滅し、ついには道を得ることができる。」
            (釈迦)
 
    一度間違ってもそれで終わりではない。
    過ちに気づき自身の心の転換が出来れば
    道は開ける。
 
 【今日の思込】:促す、聞き流す…
       納税回避の『議員特権』
 
  昔々のその昔は、「政治家の先生方」は
 裏でコソコソと悪さをすることなど
 絶対に無いと信じられていた。
 
  それ故に、議員に特権みたいなものも
 付与されていた。
 
  議員さんたちは「善」と言う「性善説」。
  ”議員さんだもの、悪いことはしないよねぇ~”
 って、国民は思っていた平和な昔々のお話……。
 
  翻って現在は如何なのでしょうか?
 
  何処から見ても、議員さんたちは
 「悪」と言う「性悪説」で捉える
 ことしか出来ない哀しい現状です。
 
  それなら最低でも」位は、
 一般の国民と同じように納税するように
 変えるべきですヨネ。
 
  安倍元首相の政治団体の資金1.8億円を
 昭恵夫人が継承しても、相続税がかからない
 なんて事は、あるべき姿ではないでしょう。
 
  国会議員の税制特権を剥奪し、
 一般国民と同レベルにするには
 まず「政治資金規制法」を改正すべきです。
 
  これが足掛かりとなります。
 他にも「無料パス」や「議員宿舎
 など沢山特権がありますが、
 まずは「納税の公平化」から始めるべきです。
 
  しかしこの機運は皆無……
 
  自民党はもとより、野党も議員特権の縮小に
 繋がる事には口を噤んでいるのでしょう。
 (呉越同舟の雰囲気……)
 
 ”みんなで渡れば怖くない”:by,国会議員
 
  如何しましょうか………
 
  おかしい・オカシイと「声」を
 あげ続けるしか、方法は無いのでしょうか?
 
  何だか「可笑しい」よね………
  (笑っちゃイラレナイ現実……)
 
  *春寒し臨時列車はまだ来ない
        2024.02.24/moai291
  ※世界平和のためと、自身のために「節電」しましょう。
    我が家の節電等:(節電特権?…なんやそれ……)
   ●思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で…

「これ何? ヤッテル感すら出ていない…」

   「何これ?」:怒
 
 「怒りたけった人は、善いことでも
  悪いことでも言い立てるが、
  のちに怒りがおさまった時には、
  火に触れたように苦しむ。」
       (釈迦)
 
    怒っているときには周りが見えない。
    冷静になった時、自身が発した
    言葉に、自身が傷つく。
 
 【今日の思込】政治倫理審査会
 
  自民党は、当初は二名の出席報告。
 (塩谷 元文部科学大臣、武田 元総務大臣)。
 
  そして時期を見計らって、徐々に対象者を
 増やしていき、焦点を逸らすいつもの作戦パターン。
 
  新たに、松野 前官房長官、西村 前経済産業大臣
 高木 前国会対策委員長の三名がこのイベント?への
 参加を表明。
 
  ”現在5名様のご案内になっておりますぅ~”
 
 「事務総長を経験した派閥幹部が出席する事は前進だ、
 昨日は”話にならない”と言ったが、
 少しは話ができるようになった」
 などとノンキな事を言っており、自民党
 ”小出し作戦”にまんまと、はまったミタイ。
 
  それなら、ついでに野党議員からも、
 どなたか出演希望者?でも募ってみますかな?
 
  野党に全く該当者がいないはずはないと
 思うのですが……
 
  「政治倫理審査会」では、
 一体何ができるのでしょうか?
 何もできないでしょう。
 
  出席議員の回答は、質問事項には
 み~んな一様に、「お答えすることは
 差し控えさせていただきます」って
 回答中心のセリフ?でしょうネ……
 
  そして”秘書が、秘書がぁ~”と
 好き勝手なことをほざいて一巻の終わりぃ~
 
  「与党」も「野党」も、国民に対して
 ヤッテル感を出すのに精一杯なのでしょう。
 
  なんとも情けない話……
 
  政治倫理審査会は、政治倫理の確立のため、
  議員が「行為規範」その他の法令の規定に著しく違反し、
  政治的道義的に責任があると認めるかどうかについて
  審査し、適切な勧告を行う機関。
 
(本審査会は、国会法に基づき昭和60年12月から設置されている)
 
  *本棚に欠巻一冊菜の花忌
        2024.02.22/moai291
  ※世界平和のためと、自身のために「節電」しましょう。
    我が家の節電等:(カタチだけの小出しの節電?…なんやそれ……)
   ●思いは人それぞれです。内容は当然の事ながら「個人的見解」と言う事で…