どういう意味?

「ことば」の解釈斜め読み

「これ何? 性別 」

 「何これ? 」:平静
 
 「心は捉えがたく、軽々とざわめき、
  欲するままにおもむく。
  その心をおさめることはよいことである。
  心をおさめたら、安楽をもたらす。」 (釈迦)
 
 心は、何処ににあるのかは、誰も答えられない。
心が制御できて、平静になったなら、安楽になると
教える。
 
閑話休題:LGBTQ(性的マイノリティ)
  元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白、
  LGBTQ問題で東京五輪でも。
 
 GBTQ選手が参加するのは、一番多いのは女子サッカー
次いで女子ラグビーソフトボール、水泳、陸上 etc
 
 元男性のトランスジェンダー選手を女子競技に
参加させていいのかという疑問が出ている。
 
 ニュージーランドの女子重量挙げ、ローレル・ハバード
選手(43)は、2012年に性転換して女性となり、
国際大会でも女子選手として活躍してきた。
 
 3年前に腕を骨折したが、見事復活して、初の
 
 IOC国際オリンピック委員会)では、「女子選手」の
基準として、男性ホルモンである「テストステロンの値が,
一年間にわたり一定以下であること」と定めており、
ハバード選手はそれを満たしているとしている。
 
 この基準を満たすため、薬物や、ホルモン物質等を
用いることも考えられ、「ドーピング」に抵触することは
無いのでしょうか?
 
 なんだか、「勝つためには何でもあり」と言う気がして、
私には違和感しかありません。
五輪の「参加することに意義がある」はどうなったのでしょうか?
 
 この際、区分けは「女性の部」、「トランスジェンダーの部」、
「男性の部」等に分けたらどうでしょうか?
(何だか無意味な区分の様ですが………)
 
 生まれながらの女性の選手からは、不公平感が否めない
という声も多く挙がって来ています。
 
 オリンピズムの根本原則第6項には、
「このオリンピック憲章の定める権利及び自由は、人権、
肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治的または
その他の意見、国あるいは社会のルーツ、財産、出自や
その他の身分などの理由によるいかなる種類の差別も
受けることなく確実に享受されなければならない」
とあります。
 
 女子重量挙げに出場するニュージーランドのハバード選手は
男性として生まれ、女子選手として五輪に出場します。
 
 Transgender(体の「性」と「心の性」が異なる人)を
特別視する気はありませんが、そんなにしてまでも、
勝ちたいものなのでしょうか?
 
 ちなみに、ローレル・ハバードさんは、今回、
記録なしに終った様です。
 
 この問題は、私の手には負えません。
 (全く違う視点で見る必要があるのかも……)
 
 * ホテル前 目深に被る 夏帽子
                 2021.08.04.moai291

「これ何? 県知事 」

「何これ? 」:語る
 
 「やさしい言葉を語るとは、教えを説き、
  時には諭し、時には道理を説いて
  疑問を晴らしてやることである。」 (釈迦)
 
 道理に基づき人の道を、やさしく聞かせることが、
肝要と説く。
 
閑話休題:「如何しましょうか?」
 
 福井県の杉本知事が、
ツイッターで「今夜はミシュラン星のお店で
家内とお誕生日会です」と臆面もなく投稿。
 
 何で、ツイートなどするの?
上級国民としての、自慢?
 
 ツイートする必要がどこにあるのよ?
誕生日会か何だか知らないが、
ヤルなら、二人で勝手にヤレよ。
 
 奥様も、時節柄「止めよう」とは言わなかったの?
お仲がよろしい様で………
 
 確か、知事として、県民には「週末にはできるだけ
自宅で過ごして」と言っていたヨネ。
 
 新聞社の取材に対し、
「感情を害された県民がいるのであればとても
申し訳ない」だとさ。
 
 一見、謙虚に見えますが、その実は「傲慢」の
極みです。
 
「感情を害する人などいないはず」と言う前提。
 感情を害した方が悪いと言う事なのでしょう。
何と言う事でしょう………
 
 政治家などが失言した時などによく使うフレーズ。
「誤解があったとすれば、お詫びする」。
 
 この「~だったらお詫びする」と言うフレーズは、
杉本知事だけでなく、政治家と言われる方々が共通して
使っているようですが、「傲慢」だと思うのは、
私だけでしょうか?
 
 それなら私も言わせてもらいましょう。
「私のこのブログに誤解を与えるような表現が
あったとしたらお詫び申し上げます」と………
(何か、上級国民になった様な気分……ウレシクナイ…)
 
 * 端居して吾子と見ている白鳥座
          2021.08.03.moai291

「これ何? 不戦敗 」

 「何これ? 」:幸
 
 「尊敬と謙遜と満足と時に教えを聞くこと、
  これがこよなき幸せである。」  (釈迦)
 
  日常の生活では、何事も控えめに振る舞い
 不満を抱かないことが肝要である。
  時には、賢者の話を聞いて心を養うことが
 この上ない幸せと教える。
 
閑話休題:「不戦敗」
   「コロナで不戦敗」の2校が練習試合(高校野球
 
 神奈川県の城郷(しろさと)と藤沢工科の2校が31日、
鎌倉学園とそれぞれ練習試合をした。
 鎌倉学園は、3回戦で城郷が対戦する相手だった。
 
 学校関係者の感染が判明した事から、濃厚接触者の特定などを
行うため、学校の判断で部活動を含む教育活動を取りやめ
不戦敗となった。
 
 城郷のA選手(3年)は不戦敗の翌日、
ツイッターに、学校の教員や保健所などへの感謝を綴っている。
 
” 何もできない大人のせいで” と言う人を見て、
自分は(不戦敗を避けるために)動いてくれた人達に
感謝を伝えたかった」という。
 
(不戦敗について)文句の一つも言いたいところなのに、
素晴らしいツイートをして頂き、尊敬の念にも似た気持ち……
 
 それに引き換え、五輪メダリストへの、根拠のない
誹謗中傷をするヤツ……
この人たちの、行動が理解できない……
 
 A選手の「爪の垢でも煎じて飲ませたい」感じ……
 
 * 緑陰に昨日の恋を忘れけり
               2021.08.02.moai291

「これ何? 落選候補」

 「何これ? 」:貴人
 
 「無事これ貴人なり。ただ造作するなかれ。
  ただこれ平常なれ。」  (『臨在録』)
 
 達人とは、無心に振舞う人。
 どんな場面においても、自在に応じるゆとりを持て
 と教える。
 
閑話休題:落選候補アンケート
  『落選してほしい政治家』トップ10!
 
 「週刊女性」が全国の20~70歳の女性5000人を対象に、
 『秋の衆院選挙で落選してほしい政治家』について
 アンケートを実施しました。その順位は以下のとおり。
 
    品性を疑う、失言のデパート。
第二位二階俊博幹事長
    「老害」の一言に尽きる。
第三位菅義偉首相
    見ていて貧相、せめて明るく振舞えないものか?
第四位安倍晋三前首相
    平気で嘘をつく(嘘つきは「安倍」の始まりとも言う)。
第五位丸山穂高議員(旧N党)
    言っていることが、まともな人間とは思えない。
第六位辻元清美議員(立民)
    まだヤッテルの! いい加減にしろ。
    頭の環境に問題アリ(意味不明の言動を多発)。
第八位西村康稔経済再生相
    上司に迎合、部下に厳しくとの「揺るがぬ政治信念」?ー
第九位枝野幸男党首(立民)
    党首としての「華」が全く無い。嘘つき度合いは「安倍」クラス。
第十位河野太郎行政改革担当相
    まず、自分を改革して出直せ。
 
番 外:惜しくもランクインならず!
 参議院議員の「今井絵理子」、「蓮舫」、「丸川珠代」等、
なかなかの実力者(何の?)ぞろい、多くの票を集めた様です。
もっと上位にランクインされてもイイ兵者(つわもの)ぞろいです。
 
 各氏へのコメントは、私自身が勝手に作成し付け加えました。
  (全く持って、個人的なコメントですので、
   事実と異なっている可能性もあります。)
 
 * 緑陰の土にヤスデが入らんとす
          2021.08.01.moai291

「これ何? 不良ロボット」

 「何これ? 」:政治姿勢
 
 「政治家の姿勢が正しければ、命令を下さないでも
  実行される。
  政治家の姿勢が正しくないと、いくら命令を
  下しても国民は服従しない。」  (孔子
 
  政治は、民衆への「報恩行」。
 法に触れなくとも、国民の道義心を踏みにじっては
 ならないと教える。
 
閑話休題:不良ロボット
「スカ首相」は、五輪開幕後、日本勢が金メダルを
獲得するたびに、ツイッターを更新している様ですが、
感染対策の呼び掛けは、21日に投稿して以降、一度もない。
 
 記者会見でも、
『そういう意見があることは承知している』と言いながら、
具体的な回答はしない。(出来ない。)
 
 『問題ない』、『ワクチンは効いている』、『五輪は関係ない』、
『人流は減っている』、『批判は当たらない』と繰り返すだけ。
 
 まるで出来損ないの「ロボット」の様。
製造元は、MBISI電機製の検査不良品なのでしょう。
 
「国民の命を最優先にする」などと口先では言って
いますが、具体策は何も出てこない。
 
 全く持って「危機感」がない。
「スカ首相」の危機感は「次の選挙に負けること」だけ
なのでしょう。
 
 「医療提供体制崩壊を防ぐ具体的な手立て」も
自身の役割の範疇外と思っている様子。
 自分の立場でできることを考える気力もない模様。
 
 医療提供体制が崩壊しても、「スカ首相」自身は
優先的に、入院等が出来ると思っているのでしょう。
 
 「スカ首相」は、『万一、医療崩壊が起こった時に、
私がコロナに罹患しても、私が治療を優先的に受けることは
絶対致しません』と言う位のことは言えないのでしょうか?
 
 これが言えたら、あなたのお好きな「支持率UP」も
間違いなし。
 
 自身は、上級国民であるから、医療も最優先されて
当たり前と思っているのでしょう。
 
 常日頃から、本当に国民のためを思って、政務に
精励されているのなら、優先されても許されるでしょう。
 
 しかし、現在の状況を見ると、国民のためを思って、
政務に精励されているとは、到底思われません。
 
 「スカ首相」と言うMBISI電機製のこの不良ロボットは、
今後正常になることはあるのでしょうか?
(「PASONA平蔵」製の新しいロボットって、あったっけ~)
 
  ※この内容は、個人の極めて偏向した内容とも思われます。
   正論か異論かは、個人の判断によるところです。
   連想される固有名詞等も架空のものと考えていただければ
   幸いです。
 
 * 端居して 猫はお尻を我に向け
            2021.07.31.moai291

「これ何? 手のひら返し」

 「何これ? 」:非難
 
 「沈黙している人も非難され、多く語る人も非難される。
  言葉の少ない人も非難される。
  世に非難されない人はいない。」  (釈迦)
 
 世人の悪口評判に惑わされてはならぬと教える。
 
閑話休題:「五輪報道の 手のひら返し” 
 
   五輪の集中報道について、SNS等で
   「五輪、反対派だったよね?」
   「手のひら返しかよ!」の声。
 
 今まで、五輪不開催を声高に言っていたのに、
急に五輪選手の活躍特集とは、確かに違和感は
あります。
 
 しかし、報道機関なんて、そんなものでしょう。
「手のひら返し」と言う方々は、報道機関が全て
本当の事しか報道しないと思い込んでいるのでは
無いのでしょうか。
報道機関を信用し過ぎているとも言えます。
 
 昔から、新聞報道などは、大衆に迎合したり、
権力に忖度したりする報道事例は、山ほどあります。
 
 分かり易い例が、第二次世界大戦中の
大本営発表の各新聞社の報道です。
 
 各新聞社こぞって、” 日本軍は、昨夜上海で大きな
戦果を上げ、東に「転進」せり”   などの記事(例)。
 *「転進」の本当の意味は、「退却」のこと
  「負けて退却した」とは書かない…「転進」デス
 
「鬼畜米英」、「大和魂」、「欲しがりません勝つまでは」
など、意味のない報道ばかり………
 
 こんな忖度報道を行っていた新聞社が、戦後も
のうのうと報道を続けている。
 そんな新聞社の全てを、信用などできますが?
 
 ある国では、戦後この様な新聞社を全て解体し、
新たな新聞社をつくったそうです。
 しかし、実態は、完全解体もあった様ですが、
看板の挿げ替えでお茶を濁した社もあった様です。
 
 そもそも、「五輪開催の是非」と「アスリートを
応援するか否か」は、別々の問題でしょう。
 
「手のひら返しかよ」などと声高に言わずに、
素直に皆で応援できたらいいですね。
 
 新聞も、「読売・産経」だけでなく「朝日・毎日」
等も比較して読むと、違うものが見えてくる様な
気がしています。
(最近は、あまり変わらない様な気もしていますが……)
 
 五輪開催中であろうとなかろうと、
新型コロナウイルスは、そこにいる」、
 これが現実なのでしょう(予防予防、実践実践……)
 
 ※この内容は、個人の極めて偏向した内容とも思われます。
  正論か異論かは、個人の判断によるところです。
  そもそも、正論か異論か等は、時代によって
  変容するものではないのでしょうか?
  ナチスの統治も、その時代のドイツでは
  正論とされていたはずです。
 
 * 緑陰に 働きづめの 爪の色
                  2021.07.30.moai291

「これ何? 中国メディア 」

 「何これ? 」:友
 
 「友の中の友は、友が生きている時も死んだときも、
  不幸な時も幸せな時も、栄枯盛衰の理由で
  友を捨てない。」  (『ジャータカ』)
 
  同胞は、人生を生きていく上での宝である。
 
閑話休題:中国メディア
  卓球混合ダブルスの決勝で、日本の水谷隼伊藤美誠ペアが
  中国の許昕、劉詩雯ペアを下し、日本卓球史上初の金メダルを獲得。
 
 この結果を踏まえて、中国のネットメディアが、
「極めて遺憾」、「恥の一戦、中国が日本に抵抗できず金メダルを失う」
中国紙『上游新聞』も「東京五輪最大の衝撃!」、
などと報じた。(中国らしいと言えば、そうですが………)
 
 そもそもこんな報道は、極めて失礼な話です。
「許」・「劉」両選手にはもちろんのこと、日本のペアに対しても。
 
 試合は最後まで一進一退の、素晴らしい試合でした。
 このパフォーマンスを見せてくれた両国のアスリートに
本当に感謝です。
 
 そして、対戦相手の中国の「許」選手は、試合直後に
日本の伊藤選手のプレーを称賛しています。
 
 「伊藤は女性選手の中でもワールドクラスの選手。
徐々に私のボールに順応していった。
思い切って男性選手と戦う、大胆で勇敢だ」と話しています。
 
 中国の「許」選手は今でも超一流の選手ですが、
将来もっと大きな選手になる予感がします。
 
 自分の試合を、試合終了直後に客観的に見ることなど
なかなか出来るものではありません。
 
 中国の「許」選手は将来においても、最も強力な
ライバルとなる事でしょう(今でも……)。
 
 中国当局が今回の結果を根拠に、「許」選手を
排除しなければいいなと思っているのですが……
 
 そんな事があれば、「極めて遺憾」と
中国当局にお伝えしたいところです(人権問題?)。
 
 日本には「中国嫌い」の人が多いように見受けられ
ますが、決して「中国嫌い」ではなく「中国共産党嫌い」
なのではないのでしょうか?
 
 中国には、「許」選手の様な方も多数いるものと
信じています。
 
 中国のメディアの報道は、建前上、厳しいものにならざるを
得ないのかもしれませんが、メディアや政府が語る「建前」と、
中国人の「本音」は異なってきている様です。
 
 SNSで自国の両選手に対し、温かい言葉を掛けていること
からもわかるように、中国人も変わってきている様ですが……
 
 * 堪え難し 喧嘩の後の 蝉時雨
                 2021.07.29.moai291