どういう意味?

「ことば」の解釈斜め読み

「これ何? 五百円玉のプライド」

「何これ? 」:心静か 「平静で、つねに注意し、人を己と等しいと思わない。 己が勝れているとも、また劣っているとも思わない。 彼には煩悩が燃え盛ることがない。」 (釈迦) 他者と自身を比べて、己が劣っているとは 思いたくないのが常である。 他者と比…

「これ何? 弾道ミサイル」

「何これ? 」:万物 「一切万物はみなこれ苦の原因なること、なお賊のごとし。 あるいははじめは歓喜なりといえども、後には人を害す。」 (『成実論』) 全ての自然現象は、己の思うようにはならない。 万物は、平時は穏やかであるとも、ことが起こると 豹…

「これ何? 練り歯磨マーク」

「何これ? 」:食べ物 「食に珍もの物を好まんよりも、食好むとき 膳に向かえば食のすすむことを知らず。」 (至道無難) どんな食べ物でも、食べたいと思った時に食べれば、 本来の味や風味を満喫できるはず。 【閑話休題】:練り歯磨 練り歯磨(ハミガキ)き…

「これ何? 共通テスト”足きり”」

「何これ? 」:精進 「精進する人は駿馬に譬えられるが、 乗馬の者が努めて手綱を引かないと のろまな馬に先を越される。」 (『大毘婆沙論』) 努力なしに才能を伸ばした者などいない。 すぐれた先生にめぐり合い、精進を 続けることが大切と説く。 【閑話…

「これ何? ジョコビッチ入国?」

「何これ? 」:節度 「なすべき事をなおざりにし、なすべからざる事をなす、 高ぶって放逸なる人たちには、汚れが増す。 彼らの汚れが消えるのは、はるか遠い。」 (釈迦) 己の行いはさておき、他者を批判する人がいる。 節度もなく、反省もないので、人か…

「これ何? Z世代Ⅱ」

「何これ? 」:節度 「つねに心を落ちつけて、食物を得ても 食事の量を節することを知る人には、 諸々の苦痛の感覚は弱まりゆく。 寿命を保ちながら、安らかに消える。」 (釈迦) 足るを知れば、心静かに落ち着くことが出来る。 【閑話休題】:「Z世代Ⅱ」(…

「これ何? 玉鋼」

「何これ? 」:鍛錬 「誠実美鋼を生む。」 (木原 明) 現代の名工の木原明氏は、師匠から 美しい刀剣を生む「玉鋼(たまはがね)」は、 誠実な心を持ち、己に厳しく、心身を鍛錬しなければ 出来ないと教えられた。 生き方そのものの教えであろう。 【閑話休…

「これ何? まるで中国企業」

「何これ? 」:善悪 「人がもし善または悪の行いをなすならば、 彼は己の行った一つ一つの行いの相続者になる。」 (ジョディダーサ長老) 自身が行った行いの報いは、善悪に関係なく かならず己に返ってくる。 【閑話休題】:まるで中国企業みたい……… 「米…

「これ何? モゥ成人式」

「何これ? 」:修練 「安禅、必ずしも山水を須(もち)いず。 心頭を滅却すれば、火もまた凉し。」 (『碧巌録』) 鍛錬し、心のはたらきを無にしたら、 火もまた涼しい境地になれる。 【閑話休題】:成人式 例年一部で報道される成人式での「大騒ぎ」。 い…

「これ何? 五輪フェアプレー賞」

「何これ? 」:精進 「もし勤めて精進すれば、すなわちこととして難しき ものはなし。 たとえば小水の常に流るれば よく石を穿つがごとし。」 (『仏遺教経』) あらゆる行いにおいて、コツコツと精進すれば、 大きな成果を得ることが出来る。 小水でも、石…

「これ何? Z世代」

「何これ? 」:解脱と、さとり 「解脱は足るを知る境地である」 (『涅槃経』) 解脱は、心身から煩悩が生じなくなったさま。 さとりは、ものの道理の理解。 【閑話休題】:「Z世代」 「ある民間企業の調査」 ・「Z世代(16才~25才)」 生まれ変わったらや…

「これ何? しめ飾り」

「何これ? 」:世俗的 「世俗的であっても、すぐれた正しい見解を もっているならば、その人は千の生涯を 経ても、地獄に落ちることがない。」 (釈迦) 習慣的規律を守り、信仰心を持ち、迷信や邪心に 犯されない人は、地獄に落ちることはないと言う。 【閑…

「これ何? キレル(切れる)」

「何これ? 」:言葉の質 「善い言葉を口に出せ。悪い言葉を口に出すな。 善い言葉を口にしたほうが良い。 悪い言葉を出すと、悩みをもたらす。」 (釈迦) 簡単な会話もいいが、まずは言葉の質を学ぶべきであろう。 【閑話休題】:キレル(切れる) 「あの人…

「これ何? ちょっと困ったこと」

「何これ? 」:ことば 「己を苦しめず、また他人を害しないような 言葉だけを語れ。 これこそ実によく説かれたことばである。」 (釈迦) 「言葉は身の文(ぁゃ)」といい、その人の品格を表す。 自身にも他者にも好ましい言葉で語るべきである。 【閑話休題…

「これ何? あの手この手、宇宙の手 」

「何これ? 」:節度 「遊ぶに節あらん。節あたらんは、遊ぶもにくからず。 節にあたらずば、狂人也。」 (沢庵宗彭) 人生は夢のようにはかなく短い、遊びも可である。 しかし、その遊びも節度を持って行えないような者は、 狂人とも言えよう。 【閑話休題】…

「これ何? 紅白歌合戦 」

「何これ? 」:門松 「門松はめいどのたびの一理塚 馬籠もなくとまりやもなし」 (一休) また、一年が過ぎてしまった。 一年ごとに見る門松は、冥途への一里塚であろうか。 【閑話休題】:「日本そのもの」? 「NHKの紅白歌合戦」と言う番組。 年末も、これ…

「これ何? 年始の……」

「何これ? 」:心身 心 身 一 如(シンシンイチニョ) 肉体と精神が一つとなるぐらい 心身共に充実しているさま。 【2022年、年始の……】 冒頭の「四文字熟語」、 本年の目標(願望)。 長く人間をやっていると、”心身共に充実”は 甚だ困難と実感しています。 それに…

「これ何? お別れの…」

「何これ? 」:どう生きる 則天去私 (ソクテンキョシ) 天に即して、我を去る。 【2021年とお別れの……】 今回で620本目(毎日連続ブログ投稿)。 こんなに続いたことは、私としては希。 これだけでも2021年は良しとすべきでしょう。 新型コロナ感染症が確認された…

「これ何? 段球(ダンボール)」

「何これ? 」:道を学ぶ 「仏道を学ぼうとする人は、たとい道心がなくても、 善人に近づき、よい御縁によって同じことを 何度も聞いたり見たりしなくてはならない。」 (道元) 善人や賢人の話を繰り返し見聞きすると、 自ずと何か見えてくるものがあるはず…

「これ何? ”億り人”」

「何これ? 」:己のもの 「私には子がいる、私には財があると思って愚者は悩む。 しかしすでに己が己のものだはない。 ましてどうして子が己のものであろうか。 どうして財が己のものであろうか。」 (釈迦) 己個人のものが、あると錯覚している人が、 如何…

「これ何? 会員制レストラン」

「何これ? 」:和 「君達、ともに和合して争いを起こしてはならない。 一つの水と乳ではないか。」 (釈迦) 貪りや、驕りの心から起こる争いは、水と油ではなく、 水と乳のように和合すべしと教える。 【閑話休題】:会員制レストラン 「ワクチンパスポート…

「これ何? オバカⅢ-2」

「何これ? 」:視点 「人はよくも思っていないのに、自ら慢心して 他人も己をよく思っていると思い、戯を尽くすものだ。 己を省みて余所の笑い者になっているとしるべきである。」 (鈴木正三) いずれにしても、自分自身は、見えにくいものである。 他者の…

「これ何? ゼロの不思議」

「何これ? 」:智慧と財産 「智慧ある人はたとい財産を失っても生きてゆける。 しかし智慧をもっていなければ、たとい財産のある人でも、 いきてはゆけない。」 (大カッピナ長老) 「智慧」は、知識・財産にまさると教える。 【閑話休題】:資産公開 「閣僚…

「これ何? オバカⅢ 」

「何これ? 」:悪の意識 「よく覚えておけ、今の身体は二つとはない。三つはなおのこと。 我々は日々を邪見にとらわれて空しく過ごし、 悪行を重ねても悪の意識さえない。 悪の報いを受けないわけにはゆかない。」 (道元) 悪の報いを受けない人など、この…

「これ何? アベノマスク廃棄」

「何これ? 」:河 「深い淵の河水と浅瀬の河水とについて知れ。 川底の浅い小川の水は音を立てて流れるが、 大河の水は音を立てないで静かに流れる。」 (釈迦) 賢者と愚者の違いは、愚者は浅瀬の水のように たわごとをゴチャゴチャと宣い、内容がない。 【…

「これ何? ムカツク」

「何これ? 」:心の奥底 「心は万境にしたがって転ず。 転処によく幽なり。」 (『臨済録』) 人の心は、奥深く計り知れないもの。 様々な環境を感受して転じ、発現する。 【閑話休題】:自死 両親より先に逝く不幸はない。 18日に急逝した女優「神田沙也加…

「これ何? オモシロクナ~イ」

「何これ? 」:私は誰 「私はどこにもなく、だれのものでもなく、なにもののなかにもない。 また、私のものはどこにもなく、なにもののなかにもなく、 なにものも存在しない。」 (釈迦) 「私」も、私のものとは言えない……その私は誰? 【閑話休題】:オモ…

「これ何? Happy Christmas」

「何これ? 」:生まれ 「生まれを尋ねるな。行いを尋ねよ。 火は実に微細な木材からも生じる。 たとい賤しい家からの出身であっても。」 (釈迦) 賤しい家からの出身であっても、生まれを尋ねるなと言う。 はたして、「賤しい家」などあるのだろうか……… 【…

「これ何? 冬晴れを見せてあげたし…」

「何これ? 」:智慧の眼 「樹木の影は暗闇の中では見えないと言ってはならない。 肉眼で見えないだけである。 智慧の眼がないと見ることはできないのだ。」 (『涅槃経』) 眼に映るものだけが、実態ではない。 不滅の道理は、「衆縁和合」と説く。 【閑話休…

「これ何? 新聞折込み広告」

「何これ? 」:実行力 「たとえためになることを数多く語るにしても、 それを実行しなければ、その人は怠っている といえる。」 (釈迦) 有言実行か、不言実行か……… 【閑話休題】:新聞折込み広告 先日、新聞の折込み広告をみていたら、 ある事に気が付きま…